お薦め

市販されているシャンプーの知られざる真実

お店の棚の大部分を占めるシャンプーは合成シャンプーと呼ばれています。
合成シャンプーは安価で生産できるため、一般に多く流通しています。

合成シャンプーには合成界面活性剤が含まれています。
合成界面活性剤は脂を流す作用があるため、台所洗剤などにも使われている成分です。
これは綺麗に汚れが落ちる反面、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

皮脂がなくなるとうるおいを保つための皮脂膜がなくなるため頭皮の状態が悪くなり、
皮脂量の分泌が増えるために毛穴がつまりやすくなったりします。
また、この合成シャンプーは様々な添加物などを使用していますが、中には体に害のあるものもあります。
頭皮を通して体内に吸収されると、内臓や器官に悪い影響を及ぼすことがあります。
また、こうした添加物は体外に排出しにくいので、体に蓄積されやすいのも特徴です。

合成シャンプーにはエデト酸塩やジブチルヒドロキシトルエン、
パラベンなどの国が「アレルギーなどの皮膚障害を起こす恐れがある」と判断された成分が入っています。
合成シャンプーは子供のころから使っている人も多いため、体に悪いという認識がない人が多いです。
フケが多かったり頭がかゆかったり、抜け毛に悩んでいるのなら、もしかしたら合成シャンプーが原因かもしれません。

合成シャンプーは頭皮にはもちろん、髪にも大きなダメージを与えます。
洗浄力が強力なため、髪のキューティクルを破壊しボロボロにします。
通常はリンスなどを使ってそれを補っているのですが、
それはコーティング剤で一時的に痛んだ髪を覆い隠しているだけで、髪の内部はひどく傷んでいます。
リンスも同じように添加物がたっぷりと使われているものを使用していることが多いため、髪の傷みもさらに加速します。

シャンプーは天然界面活性剤を使用したものがおすすめです。
ですが、製品裏の成分表でそれを見分けるのは難しいので、
値段ははりますが、天然成分だけを使用している育毛シャンプーにするのがいいかと思います。
そんな育毛シャンプーに男性用と女性用があるのを知っていますか?
男性用と女性用の育毛シャンプーのちがいはこちらにかいてあります。