お薦め

アルコール系シャンプーの特徴

高級アルコール系シャンプーは店頭でよく並べられている流通量の多いシャンプーです。
大抵の人は一度は使ったことがあるのではないかと思います。

アルコール系シャンプーは安価で大量生産しやすく、
また泡立ちや香りがいいため人気のシャンプーです。
しかし、その反面頭皮や髪に大きなダメージを与えてしまうのです。

アルコール系シャンプーには合成界面活性剤が含まれています。
界面活性剤は通常は水にとけない油を浮かせて洗い流すという働きをもっています。
そのため、頭皮の汚れを落とすのにうってつけではありますが、
頭皮の健康状態を維持するのに欠かせない皮脂まで洗い流してしまいます。
皮脂は皮脂膜を作って頭皮を乾燥から守るため、
それを失ってしまうと頭皮は乾燥し毛根を傷つける原因になります。

皮脂を一度に大量に失うと、それを補おうとたくさんの皮脂が分泌されます。
過剰な皮脂は毛穴をつまらせて、頭皮の皮膚呼吸を阻害する可能性があるのでよくありません。

アルコール系シャンプーには「高級アルコールシャンプー」と書いてあるものが多いです。
この高級は値段や質のことを指しているのではなくて、炭素数を表しています。
炭素数が多ければ多いほど、泡立ちがよくなり洗浄力も上がります。
そのため洗い心地がいいのでアルコール系シャンプーを使う方が多いのですが、
その洗浄力の高さ故に頭皮環境を悪化させることもあるのでなるべくなら使用は控えた方がいいでしょう。

特に肌の弱い方は炎症などを起こす場合があるので、おすすめできません。
通常売られている安価なアルコール系シャンプーは合成界面活性剤を使っていますが、
比較的肌に優しい天然界面活性剤を使用しているものもあります。

天然オイルなどを原料にしているので、
人工の合成界面活性剤よりは肌への刺激は少ないのですが、
それでも洗浄力は高いため、頭皮には大きな負担になります。

値段も一般のアルコール系シャンプーよりも高いですし、
それを買うのならばもう少しお金を出して肌にいいアミノ酸系のシャンプーを買う方がよいでしょう。